MENU

関節リウマチサプリはDHA&EPAに決まり!

 

関節リウマチは、関節の痛み・関節の変形などが起こる関節破壊の病気になります。主な原因は、過労・ストレスなどをきっかけに発症し、30〜50歳代の女性に起こりやすいとされています。

 

近年、関節リウマチの対策として効果のある成分として、青魚に多く含まれるDHA&EPAが注目されています。これは消費者庁が発表した食品の機能性評価モデル事業に掲載されています。

 

 

(参考:食品の機能性評価モデル事業の結果報告より http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin915.pdf)

 

当サイトは、そんな関節リウマチに有効なDHA&EPAを配合したサプリを厳選して紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

大正DHA・EPAの特徴

●1日あたりDHA&EPAを600mg含有!

●酸化を防ぐアルミの個別包装
●特典ありの納得定期コースなら初回75%OFF
●製薬会社品質のサプリメント!

価格 1000円
評価 評価5
備考 DHA&EPA・ビタミンE

 

きなりの特徴

●DHA&EPAを1日分に500mg含有!
●圧倒的な抗酸化成分アスタキサンチン配合
●2年連続モンドセレクション金賞受賞
●納得いかなかった場合は返金可能

価格 1980円
評価 評価4.5
備考 DHA&EPA・ナットウキナーゼ・アスタキサンチン

 

美健知箋EPA&DHAの特徴

●1包にDHA&EPAを750mg含有

●体内に溶けやすくシームレスカプセル採用
●定期初回限定価格1000円(税込)

価格 1000円
評価 評価4
備考 DHA&EPA・ビタミンE

 

関節リウマチに良いサプリはどんな成分?

 

サプリメントの種類はたくさんあるのですが、中には関節リウマチに効果的なサプリメントもあります。どれを購入するのか迷って場合には、成分で選ぶのもよいでしょう。

 

関節を滑らかにしてくれる成分

 

関節が痛くなる原因の1つとして、関節を動かしたときに、スムーズに動かないことも挙げられるでしょう。そこで関節を滑らかにしてくれる成分が入っていることも重要になります。

 

主な成分としては、コンドロイチンやグルコサミンなどが当てはまるでしょう。この2つの成分はとても相性がよく、相乗効果も期待できます。簡単に言えば、機械製品に油をさして、動作を滑らかにするのと同じ効果が得られるのです。

 

抗炎症作用がある成分

 

関節部分に痛みが発生するのは、炎症を起こしているのが最大の原因です。そのため、抗炎症作用がある成分が含まれていることも重要な判断基準になります。

 

抗炎症作用がある成分はいろいろとあるのですが、キャッツクローという成分を使用しているサプリメントがおすすめです。キャッツクローは抗炎症作用以外にも、免疫力を高める効果も期待できます。

 

良質な脂肪酸

 

脂肪酸と聞くと、体によくないというイメージを持っている人もいるでしょう。しかし、実際には体によく、関節の痛みや炎症を抑える効果もあるのです。

 

脂肪酸は不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸があるのですが、おすすめなのは不飽和脂肪酸です。よくサプリメントにはオメガ3という成分が使用されており、関節リウマチには効果的だと言えるでしょう。

 

オメガ3は厚生省が認める関節リウマチに効く成分

 

関節リウマチに効く成分は複数あります。その中の1つであるオメガ3という成分は、厚生労働省が認めているリウマチに効く成分なのです。

 

日本は世界的に安全基準が高い

 

日本は安全基準などが高い国としても知られています。それは関節リウマチに効く成分の1つであるオメガ3でも例外ではありません。

 

安全性が高くて、しっかりと効果が出る成分でなければ、認定してもらうことはかなり難しいでしょう。そのため、厚生労働省に認められているということは、かなり関節リウマチに関する期待度が高いということなのです。

 

オメガ3は必須脂肪酸

 

オメガ3という成分は、不飽和脂肪酸という種類に分類されています。また、必須脂肪酸とも呼ばれているのですが、これは体に必要不可欠な成分ということです。

 

しかも体内で生成できないので、外部から取り入れるしかありません。このような大切な成分だからこそ、厚生労働省でも高い評価がなされているのでしょう。

 

1日の摂取量

 

いくらオメガ3が厚生労働省に認められている成分でも、過剰摂取はいけません。では、どれぐらいの量を摂取すればよいのかというと、日本では1日に3グラム前後という数字が出されています。

 

あまりにも大量に摂取すると、血圧の低下などが心配されるのですが、副作用が出てしまう確率も低いと言えるでしょう。このように安全で期待度の高い成分だからこそ、厚生労働省にも認められているのです。

 

関節リウマチに効くサプリの選び方

 

関節リウマチに効くサプリメントは複数存在しています。そのため、いろいろと比較をして決めるのがよいでしょう。そのためには情報収集が必須です。

 

価格で選ぶ

 

サプリメントは種類によって価格が異なっています。同じ種類であっても、販売する店によっては価格が異なることも珍しくはありません。

 

ただし、価格だけに注目しているようでは、関節リウマチに効果的なサプリメントは選べないでしょう。あくまで価格というのは、サプリメントを選ぶための1つのポイントなのです。

 

有効成分で選ぶ

 

やはり関節リウマチに効果的なサプリメントを選ぶ場合、最も重要視するべきなのが有効成分でしょう。関節リウマチに効果的な成分はたくさんありますが、おすすめなのはオメガ3です。

 

他にもヒアルロン酸やグルコサミン、コンドロイチンなども効果的なので、このような成分が含まれているのかを事前に確認しておきましょう。そうすることで関節リウマチに効果的なサプリメント選びができるようになります。

 

含有量にも注目してみる

 

いくら有効成分がたくさん使用されていても、含有量が少量では意味がありません。また、過剰に含まれていても副作用の心配があるので、適量含まれていることが重要になります。

 

そこで関節リウマチに効果がある主な成分の摂取量を調べておき、適切な含有量のサプリメントを選びましょう。重要なのは1粒でどれぐらい含まれているのかという点です。記載されていない場合には、1日何粒と書かれている欄を参考にしましょう。

 

関節リウマチとは?どんな症状が出る?

 

実際に関節リウマチを経験した人であればわかるでしょうが、未経験であればどのような症状が出るのかわからない人も多いでしょう。そこで主な症状を紹介させていただきます。

 

関節が炎症を起こす病気

 

そもそも関節リウマチというのは、関節が炎症を起こしてしまう病気です。痛みが発生してすぐ治療を行えばよいのですが、そのまま放置して置くと、関節が変形してしまうこともあります。

 

関節の周りは滑膜で覆われているのですが、滑膜が炎症を起こしてしまうと、軟骨を溶かしてしまうのです。だからこそ炎症が発生した時点で治療が必要になります。

 

最初は痛みが発生する

 

関節部分が炎症を起こしているのですから、最初は痛みが発生します。このような初期症状の出る病気というのは、早く治療を行うことで最悪の事態を防ぐことができるのです。

 

このぐらいの痛みなら我慢できると言って放置してしまうと、後で取り返しのつかないことになってしまうでしょう。特に関節リウマチは女性が発症しやすい病気と言われています。

 

放置すると体全体に悪影響が出る

 

関節リウマチをそのまま放置していると、関節の変形以外にもいろいろな症状が出てしまいます。例えば貧血や目の渇き、口内炎やリンパ腺の腫れ、レイノー減少などが挙げられます。

 

しかも関節が変形してしまうと、もう元に戻すのは不可能になる場合もあるのです。痛みを我慢するよりも、早めに処置をした方が医療費も安くて済みますし、しっかりと回復することができるでしょう。

 

関節リウマチの原因や発症しやすい人は?

 

関節リウマチにも、発症しやすい人としにくい人がいます。しかし、原因を知っておくことで、事前に予防することも可能なので安心です。

 

関節リウマチを発症しやすいのは女性

 

関節リウマチというのは、男性よりも女性の方が発症しやすくなっています。比率を見てみると、4対1の割合で女性の方が発症しやすいので、十分注意しないといけません。

 

骨や軟骨に関する病気の多くが、男性に比べて女性の方が発症しやすくなっているので、事前に対策を練っておく必要があるでしょう。そのためには原因を追究しないといけません。

 

発症しやすい年代

 

基本的に病気というのは、年齢を重ねるごとに発症しやすくなっているのが一般的です。しかし、関節リウマチに限っては、30代から50代が最も発症しやすいと言われています。

 

もちろん60代以降に発症する人もいるのですが、多くの人は30代から50代の人になっているのが特徴です。最近は女性が社会進出しているので、以前に比べてより関節リウマチになる人が増えていると言えるでしょう。

 

関節リウマチの原因

 

関節リウマチを予防するためには、原因を知っておかなければいけません。主な原因は、ストレスや生活習慣の乱れ、細菌感染などだと言われています。人間には免疫機能が備わっています。

 

しかし、ストレスや生活習慣の乱れ、細菌感染などによって免疫機関に異常をきたしてしまうことがあるのです。そうなると、場合によっては関節を守っている組織を敵とみなして攻撃を開始することがあります。これが関節リウマチです。

 

関節リウマチの進行と病期

 

関節リウマチは進行具合によって4段階に分けられています。重要なことは初期の段階できちんと治療をしておくことです。

 

初期段階

 

どんな病気でも、まずは初期段階から始まります。病気の種類によっては初期症状がないこともありますが、関節リウマチは初期の段階でもわかるでしょう。なぜなら初期段階は、滑膜が増殖している状態です。

 

そのため、それほど激しい痛みではありませんが、若干の痛みや違和感があります。初期段階では特に生活苦になるわけではありませんが、このときに治療しておけば安心です。

 

中期段階

 

初期段階よりも関節リウマチが酷くなってくると、今度は中期段階に移行します。中期段階では軟骨破壊が行われ、骨の間に隙間ができてしまうのです。

 

こうなると痛みが激しくなるので、病院に行かなければと思う人も増えてくるでしょう。普通に生活できないわけではありませんが、体を動かすとかなり痛みが走ることもあります。この段階であれば、まだ完治することが可能です。

 

高度進行と末期

 

中期段階でもきちんと処置を行わないと、今度は高度進行という段階に移行します。この段階になると、骨が破壊されてしまうので、完治するのが難しくなるでしょう。動くだけでも激痛が走り、生活するのも大変になります。

 

高度進行を過ぎると、末期状態へと移行します。末期状態では自分で動くこともできないので、介護が必要になるでしょう。関節が完全に破壊されてしまうので、このような状態になる前に処置をしないといけません。

 

関節リウマチの治療法

 

関節リウマチになったら、早いうちにきちんと治療をしておく必要があります。主な治療の方法は3種類存在しているので、状況に応じて医師が判断します。

 

最も一般的な薬物治療

 

関節リウマチの主な治療方法の1つとしては、薬物治療が行われています。この方法が最も一般的だと言えるでしょう。関節リウマチは関節部分の炎症なので、まずは炎症を抑える薬を用います。

 

初期状態で骨に異常がなければ、薬物治療だけでもしっかりと完治するでしょう。ただし、症状が悪化してしまうと、薬物治療だけでは完治しなくなってしまうのです。

 

症状が酷い場合には手術をする

 

薬物治療だけで改善することができない場合には、手術を行う必要があります。特に骨が溶けている状態や、動かなくなっている場合には、手術を行うしか方法はありません。

 

もちろん完治するまでには時間がかかりますし、費用もかなり必要になるので、関節に痛みがある場合には、早いうちに病院へ行って検査を受ける必要があります。

 

リハビリを行う必要も出てくる

 

薬物治療だけであれば、特にリハビリをする必要がない場合もあるのですが、手術をした場合には、必ずリハビリが必要になります。最初のうちはかなりリハビリがきつくなることもあるでしょう。

 

しかも関節リウマチは関節部分の病気なので、それほど無理をすることはできません。その分完治するまで時間がかかるので、リハビリが必要になった場合には、長期間行う必要が出てくる可能性もあります。

このページの先頭へ